読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MyEnigma

とあるエンジニアのブログです。#Robotics #Programing #C++ #Python #MATLAB #Vim #Mathematics #Book #Movie #Traveling #Mac #iPhone

MacユーザのためのMicrosoft Office 365 soloのすすめ

目次

はじめに

自分は学生時代からずっとMacユーザなのですが、

OfficeのPowerPointとExcelはかなり好きです。

(WordとExcel文書は嫌いですが..笑)

 

とある事情で、

今後MacでOfficeを使いたくなることが多くなりそうなので、

MacでOfficeを使う方法を調べてみました。

 

以前は、大学の割引で買ったOfficeをずっと使っていたのですが、

色々調べてみると、

月額1000円ぐらいで最新のOfficeが使える

Office 365 Soloというものがあり、

それを使ってみたらMacユーザでも

非常に便利だったので紹介したいと思います。

 

Microsoft Office 365 Soloとは?

Office 365 soloは

Microsoftが販売している

個人用のライセンス型のソフトウェアパッケージです。

 

Microsoft Office 365 Soloは

1か月または1年単位で契約できます。

またOffice製品だけでなく、

その他にも複数のMicrosoftサービスを使うこともできます。

下記でMicrosoft Office 365 Soloの特徴を説明しようと思います。

 

特徴1:最新のOffice製品が使える

一般的なOfficeのパッケージを購入すると、

購入したバージョンのOfficeしか使えません。

Microsoft Office Home and Business 2016(最新)|オンラインコード版|Win対応

Microsoft Office Home and Business 2016(最新)|オンラインコード版|Win対応

 

しかし、Microsoft Office 365 Soloの場合、

ライセンス期間中に新しいOfficeがリリースされると、

新しいOfficeに更新することができます。

最新の機能のOfficeを使えるはいいですね。

 

Macで使えるOfficeは、

文書作成ソフト:Word

f:id:meison_amsl:20160722211617p:plain

表計算ソフト:Excel

f:id:meison_amsl:20160722211634p:plain

プレゼンテーションソフト:PowerPoint

f:id:meison_amsl:20160722211647p:plain

そして、メールソフト:Outlook

f:id:meison_amsl:20160722211704p:plain

です。

 

上記のスクリーンショットのように、

すべてのソフトがMacにあったデザインで作られていて、

使いやすいと感じました。

 

ただ一つ不満なのが、

Outlookのカレンダー機能で

Googleカレンダーと連携できないということです。

(gmailのメールを読み込むことはできるのですが。。。)

 

特徴2:二台のMac or PCにインストールすることができる

通常のOfficeパッケージでは、

Mac用とWindows用に分かれており、

どちらかを購入する必要があります。

Microsoft Office Home and Business 2013|Win対応

Microsoft Office Home and Business 2013|Win対応

Microsoft Office Mac Home Student 2016 FamilyPack(最新)|オンラインコード版|Mac対応

Microsoft Office Mac Home Student 2016 FamilyPack(最新)|オンラインコード版|Mac対応

 

しかし、Microsoft Office 365 Soloの場合、

WindowsとMac関係なく、

同時に2台までOfficeをインストールすることができます。

Mac2台でも、Windows2台でもOKです。

 

また、インストールしたMacやPCを

Offすることもできるので、

新しいPCを買った時などでも、

簡単にOfficeを移行することもできます。

 

特徴3:OneDriveで1TB分のクラウドストレージが使える

MicrosoftのクラウドストレージOneDriveは、

無料で5GBの容量が使えますが、

Microsoft Office 365 Soloを購入すると、

1TBまでクラウドストレージを使用することができます。

もちろんMacでもOneDriveはちゃんと使えます。

 

1TBのDropboxが月額がほぼ同じだと考えると、

Officeと1TBのクラウドストレージの両方が付いて

月額約1000円ならかなり安いですね。

 

昔のOneDriveは同期の失敗や

Webインターフェースが使いづらいなど、

色々問題がありましたが、

最近はかなり使いやすくなっているので、

より一層便利に使えるようになりました。

 

特徴4:毎月60分のSkype電話が無料

MicrosoftのSkypeは、

Skype同士は無料で通話 or ビデオ通話できますが、

有料プランに加入すると、

Skypeから携帯電話や固定電話に電話をかけることが可能です。

 

Microsoft Office 365 Soloのライセンスを購入すると、

月60分まで無料で電話をかけることができるようになります。

この無料通話分は、

固定電話、携帯電話の区別もなく、

また国内 or 国際通話も関係なく

適用されるみたいなので、

特に海外に電話をかけることが多い人には

非常にお得に使えると思います。

 

国際通話はまだ試していませんが、

国内通話では、十分な音質だと感じました。

 

Microsoft Office 365 Soloの購入

下記の画像リンクから購入することが可能です。

月額よりも、一年のライセンスを購入した方が若干安いです。

また1ヶ月の無料試用も可能なので、

興味のある人はためしてみるといいと思います。

 

1ヶ月の無料期間の後に、

やっぱり今後もMicrosoft製品を

長期間的に使用したいと思った人は、

一年間のライセンスを

下記のリンクからAmazon経由で購入すると

かなりお得です。

 

自分の場合、丁度20%引きのセールをしていて、

年間ライセンスが12000円→約10000円になりました。

f:id:meison_amsl:20160807164956p:plain

30%引きをしている時もあるみたいなので、

ちょくちょくチェックしておくといいかもしれません。

 

先ほどの無料期間から

こちらのAmazonの年間ライセンスに移行する場合は、

一度Microsoftのアカウント管理画面で、

無料期間の自動更新をOFFし、

そしてAmazonにて購入を実施したら、

自動的にそちらに変更されました。

 

最後に

以上が、

自分が実際に使ってみたことによる

MacユーザのためのMicrosoft Office 365 soloのすすめでした。

 

参考資料

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com