MyEnigma

とあるエンジニアのブログです。#Robotics #Programing #C++ #Python #MATLAB #Vim #Mathematics #Book #Movie #Traveling #Mac #iPhone

Raspberry PiをMacから操作できるようにセットアップする方法

目次

 

はじめに

ネットを見てたら、

Raspberry Pi 3のセットが、

かなり安くで売っていたので、

つい買ってしまいました。

 

ブームからはかなりズレていますが、

OSをインストールし、

ディスプレイやキーボード, マウスに繋げなくても、

Macから操作できるようにセットアップしたので、

その方法をメモしておきたいと思います。

 

OSのインストール

使い慣れているubuntuを入れてもいいですが、

なんとなく、Raspbianを入れることにします。

 

下記から、最新のOSのファイルをzipでDLしておきます。

www.raspberrypi.org

 

基本的には、下記の記事通りにOSをインストールしました。

qiita.com

ただ、上記の記事では書いてなかったことを補足しておきます。

 

まずOSのzipファイルですが、

サイズが大きすぎて、通常のMacのzipツールだと展開できなかったので、

下記のフリーのMacツールで展開しました。

The Unarchiver

 

また、OSのイメージファイルの書き込みは、

結構時間がかかりました。

(自分のMacの場合は5分ぐらい)

パスワードを入力した後は、気長に待ちましょう。

 

日本語キーボードレイアウトにする

Preference->Mouse and Keyboard Setting

から設定できます。

 

vimを入れる

すでにデフォルトで入っている気がしますが、

自分の手癖でvimコマンドで起動したいので、

もう一度入れておきます。

sudo apt-get update

sudo apt-get install vim

  

IPアドレスを固定する

sshでログインするために、

IPアドレスを固定しておきます。

やりかたは下記の通りです。

qiita.com

 

MacからルータのIPアドレスを確認するのは、

下記の通りです。

http://windowsmac.net/?p=2280windowsmac.net

 

デフォルトユーザpiのパスワードを変更する

sshでログインするデフォルトユーザpiは、

パスワードがraspberryに初期設定されているので、

危ないのでパスワードを変更しておきます。

 

普通にlinux的に変更してもいいですが、

Raspbianには、デフォルトでraspi-configという

環境設定用CUIツールがあるので、

それを使いたいと思います。

 

ターミナルから

$sudo raspi-config

と入力して、メニューの2: Change User Passwordを選んで、

パスワードを変えておきます。

 

sshサーバの設定

下記の記事の通り、2016年からセキュリティの問題で、

Raspbianはデフォルトではsshのサーバがオフになっています。

www.raspberrypi.org

 

そこでパスワードを変更したら、

先程利用したraspi-configを再度起動して、

7: Advanced Optionsからssh serverを選んで、

sshのサーバを起動しましょう。

 

そうすれば、macのターミナルから

$ ssh pi@192.168.1.2

とかで入れるようになるはずです。

 

また、raspi-configで設定した場合、

再起動しても自動でsshサーバが起動するようになります。

 

VNCサーバのインストールと起動

基本はsshとvimで十分ですが、

デスクトップを見て操作したい時もあると思うので、

一応VNCサーバを設定しておきます。

 

ネットを調べていると、

RaspbianのデフォルトのVNCサーバではなく、

tightvncserverという別のソフトを

aptで入れる方法を使っている人が多いようですが、

VNCサーバの自動起動設定が面倒くさそうなのと、

後述のViewerアプリがよく出来ていたので、

今回はRaspbianのデフォルトのVNCを使いたいと思います。

 

VNCサーバのセットアップ

基本的には下記の通りです。

www.raspberrypi.org

 

初めに、下記のコマンドでVNCのソフトウェアを最新版に更新し、

$ sudo apt-get upgrade realvnc-vnc-server realvnc-vnc-viewer

あとは先程のraspi-configで、

sshの設定があった場所と同じ所にあるVNCサーバの設定で、

VNCサーバをEnableします。

 

これでRaspberry Piを再起動しても、

VNCサーバが自動起動します。

 

VNCクライアントのセットアップ

先程のVNCの設定の公式ドキュメントにあるとおり、

下記のrealvncというクライアントを使います。

www.realvnc.com

 

iPadとiPhone, Macなど一通りのプラットフォームで

VNCクライアントが使えるようになっており、

使い勝手もよさそうです。

またクラウドにアカウントを作ると、

接続先を各端末で同期できるようです。

 

こちらをインストールして、

先程設定したIPアドレスとパスワードで

リモートデスクトップにログインできます。    

ちなみにMacのFinderには、

デフォルトでVNCクライアントの機能がありますが、

バージョンの互換性というエラーが出て、

ログインできませんでした。

どうしても、MacのデフォルトのVNCクライアントを使いたい人は、

tightvncserverを使ったほうがいいかもしれません。

 

セキュリティの初期設定をする

Raspbianの初期設定は、

すこしセキュリティ的に危ないので、

設定を追加しておきます。

基本的には、下記の記事を参照して、

Raspbian の初期設定 その1 (OSインストール ~ SSHログイン) - こまけぇこたぁいいんだよ!!

qiita.com

wings2fly.jp

teppodone.hatenadiary.jp

d.hatena.ne.jp

 

下記の設定を実施しました。

  • rootユーザのパスワードの設定

  • 新しいユーザの追加 (piユーザは使わない)

  • piユーザの削除

 

最後に

設定したけど、

そもそものRaspberry Piの

使いみちを探さなくては…笑

 

参考資料

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

 

MyEnigma Supporters

もしこの記事が参考になり、

ブログをサポートしたいと思われた方は、

こちらからよろしくお願いします。

myenigma.hatenablog.com