MyEnigma

とあるエンジニアのブログです。#Robotics #Programing #C++ #Python #MATLAB #Vim #Mathematics #Book #Movie #Traveling #Mac #iPhone

Juliaにおけるパッケージ管理&新しいパッケージ作成メモ


1から始める Juliaプログラミング

目次

はじめに

すぐ忘れるのでメモしておきます。

パッケージ管理

インストールされているパッケージを表示する

using Pkg;Pkg.installed()

指定したパッケージをインストールする

using Pkg;Pkg.add("JuMP")

指定したバージョンのパッケージをインストールする

using Pkg; Pkg.add(PackageSpec(name="JuMP", version="0.18"))

すべてのパッケージをアップデートする

using Pkg; Pkg.update()

指定したパッケージを削除する

using Pkg; Pkg.rm("JuMP")

パッケージのバージョンを固定する

パッケージのバージョンを固定するには、

pinコマンドを使います。

$ pkg> pin JuMP

このようにバージョンを固定すると

updateコマンドでバージョンが更新されなくなります。

解除したい場合はfreeコマンドを使います。

パッケージリポジトリの最新のバージョン情報を取得する

こちらを参照

discourse.julialang.org

新しいパッケージを作成する時

Juliaの新しいパッケージを作成して、GitHub上で公開する時の注意点です。

初期パッケージを生成する(デフォルトのPkgモジュールを使う)

デフォルトのPkgモジュールを使って、

$ julia -e 'using Pkg; Pkg.generate("hogePkg")

とすると、必要最小限のパッケージディレクトリ

(srcディレクトリとProject.tomlが入っている)を作ってくれます。

 

ちなみに、juliaのパッケージのtop directoryは

  • src: .jlソースファイル用ディレクトリ

  • doc: ドキュメント用ディレクトリ

  • test: ユニットテスト用ディレクトリ

  • Project.toml, Manifest.toml: 依存関係用ファイル

で構成されます。

ちなみに、Manifest.tomlはPkg.jlが自動生成するファイルで

手動で変更することはありません

julialang.github.io

 

また、docディレクトリのオンラインドキュメントは、

基本的にはデファクトスタンダードの、

Documenter.jlを使うことが多いようです。

github.com

 

詳細は下記の記事が非常に参考になります。

qiita.com

qiita.com

qiita.com

 

参考資料

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com


1から始める Juliaプログラミング

 

MyEnigma Supporters

もしこの記事が参考になり、

ブログをサポートしたいと思われた方は、

こちらからよろしくお願いします。

myenigma.hatenablog.com