読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MyEnigma

とあるエンジニアのブログです。#Robotics #Programing #C++ #Python #MATLAB #Vim #Mathematics #Book #Movie #Traveling #Mac #iPhone

アメリカのベイエリア(Berkeley)で住居を決めるまでにやったことのメモ

America

地球の歩き方 B02 アメリカ西海岸 2016-2017 【分冊】 3 サンフランシスコ

地球の歩き方 B02 アメリカ西海岸 2016-2017 【分冊】 3 サンフランシスコ

目次

はじめに

2016年9月から

しばらくBerkeleyに滞在する予定なのですが、

誰かの役に立つかもしれないので、

Bekeleyで住居を決めるまでのメモを残しておきたいと思います。

 

日系の不動産屋にアポを取る

日本にいる時から、いくつかの日系の不動産屋にアポを取り、

家賃予算や家族構成から、複数の物件をリストアップしてもらいました。

日本にいる間は、その中の物件の立地や周りをGoogle Mapで見たり、

Yelpの口コミを見たりして、

最終的に内見を実施する5件の物件を決定し、

渡米後すぐに、内見をしました。

 

自分は最終的に

下記のジャパンリロケーションという不動産屋に仲介をお願いしました。

www.japanrelocation.net

ただ、後述のように、この不動産屋に頼んだことで、

かなり酷い目にあうことになるのですが。。。

 

渡米後内見&物件の仮押さえ

渡米後、不動産屋の方に滞在先のホテルまで車で来て頂き、

その車で事前に上げた物件を見に行きました。

(不動産屋の方が前日にiPhoneを無くし、

自分が家までの道のりをGoogleマップで調べるという

謎なことが発生しましたが。。)

 

内見後、その中で一番よかった物件を選び、

その物件を仮押さえしました。

仮押さえをするために、

アプリケーション費50ドルぐらいと、

250ドルのデポジットを払いました。

このデポジットを支払うことで、

他の人から家を取られないようになるようです。

 

その後、契約書のメールが送られてきて、

インターネット上でサインして、

家の契約は終了です。

 

ただ、これだと家だけの契約なので、

まだまだやることがあります。

 

賃貸保険

アパートの契約事項に賃貸保険に加入することが義務付けられていたので、

アパート紹介の賃貸保険に加入しました。

月14ドルでした。

 

電気-ガス

続いて、アパートに言われて、

PG&Eという会社のアカウント番号を取得しにいきました。

 

Berkeleyの場合、大学の前にあるPG&Eのオフィスに行って、

新しいアカウントを作りたいというと、アカウント番号を渡してくれます。

その時に新しい住所と入居日の情報が必要なので注意が必要です。

Social Security Numberが無いと、

多額のデポジットが取られると言っている人もいましたが、

SSN有り無しに関わらず、42ドルのデポジットが必要なようです。

 

下記の記事によると、

PG&Eの新規登録に関して(電気、ガス) - ベイエリアの不動産エージェントのはなし

入居後すぐにネットから自動引き落としの設定をすると、

デポジットが無くなると書いてありましたが、

2016/10現在、そもそも支払いの請求書(bill)が出てこないと、

自動引き落としの設定が出来ない設定に鳴っている気がします。

 

インターネット

インターネットは、アメリカの場合、

Comcastというケーブルテレビ経由で契約するのが多いみたいですが、

自分の物件は、webpassというアメリカの高速インターネットが対応していたので、

こちらのセットアップを引っ越しの日に予約しました。

Webpass - Gigabit Internet

 

アポイントした日に担当者が来て、

壁のEthernetジャックに、

ケーブルを差して、色々設定していましたが、

すぐに終わりました。

 

家具のレンタルと不動産屋とのトラブル

サンフランシスコは家具なしの物件が多いので、

今回選んだ日系不動産屋ジャパンリロケーションに

家具のレンタルもお願いしたのですが、

ここで悲劇が起こります。。。笑

 

不動産屋とアパートが話し合って、

家具の搬入の日にちを決めたのですが、

(かなり高額な仲介手数料を払っているので、

すべてその辺りの日程調整もお願いしていました)

なぜか,不動産屋とアパートのコミュニケーションミスで、

その日に掃除が終わらず、

家具の搬入が出来ませんでした。

 

そのせいで、家具レンタル会社が

再配達用のために追加料金を要求してきたのですが、

当然、仲介している不動産屋が負担してくれるのかと思いきや、

何故か自分が払う必要があると言われてしまいました。。。。

 

どうしてもその対応に疑問があった自分は、

担当のエージェントではなく、

カスタマーサポートの別の人に事情を説明すると、

なぜかちゃんと対応してくれて、

不動産屋が費用を負担してくれるとのことになりました。

 

これで一見落着かと思いきや、

急に担当の方の態度が急変し、

あからさまに酷い扱いをされてしまいました。。

(自分のミスを指摘されたからでしょうか?)

 

渡米前から、

日系の不動産屋で一つ悪い噂のある不動産屋があるとのことでしたが、

おそらくそれを引いてしまったのかもしれません。

(Twitterを検索すると下記のツイートがありました。

この人はラッキーだったのかな。。。

)

 

自分の場合ジャパンリロケーションという会社というよりも、

担当の方が外れだったので、防ぎようがないのですが、

日系不動産屋の口コミサイトとかがあれば、

逃れられたかもしれません。

(誰か作ってくれないかな。。需要少なそうだけど)

 

ベイエリアに引っ越す人が同じトラブルに合わないことを祈ります。

 

参考資料

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

地球の歩き方 B02 アメリカ西海岸 2016-2017 【分冊】 3 サンフランシスコ

地球の歩き方 B02 アメリカ西海岸 2016-2017 【分冊】 3 サンフランシスコ