読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MyEnigma

とあるエンジニアのブログです。#Robotics #Programing #C++ #Python #MATLAB #Vim #Mathematics #Book #Movie #Traveling #Mac #iPhone

海外の口座にある程度の外貨を送金するにはPayForexが便利という話

「外貨預金しようかな」と思ったら読む本

「外貨預金しようかな」と思ったら読む本

目次

はじめに

旅行などで海外旅行をする時に、

外貨が必要になった場合、

下記のようなデビットカードを使うことで

少額であれば(数万円)、現地のATMを使って、

日本の円口座から外貨を引き出すことができます。

myenigma.hatenablog.com

 

しかし、海外で生活するとなると、

海外で開いた外貨口座に、

日本の口座の円口座から

それなりの額のお金を両替して送金したくなります。

 

日本のメガバンクでも、

海外の口座に両替をしたり、

送金したりするサービスをやっていますが、

手数料が高かったり、

電話をかけないといけなかったりなど、

面倒なものが多かったです。

 

そこで、

PayForexという外貨送金サービスを使った所、

非常に便利だったので紹介したいと思います。

 

PayForexとは

PayForexは、外貨両替と海外送金を一つにしたネットサービスです。

 

PayForexの登録方法や、

利用方法は下記のページを参照下さい。

 

PayForexの特徴

下記がPayForexの特徴になります。

 

サービスの入会費や年会費が無料

PayForexは入会費や年会費は無料です。

海外への送金はそこまでの頻度でやるものではないので、

年会費が無料なのは非常に助かりますね。

ちなみにPayForexは外貨両替の際の上乗せレートで

収益を上げているようです。

ただ個人的に色々な両替機関のレートを比較してみましたが、

PayForexのレートはそこまで悪いように見えませんでした。

PayForexの各通貨のレートは下記のページから確認できます。

 

外貨送金の手数料が安く、大口両替の場合は無料

PayForexの外貨送金の手数料が安く、

送金の金額がある一定以上の場合は、

手数料が無料になります。

各外貨の種類における手数料の一覧は下記の通りです。

 

例えば、米ドルの場合、

外貨送金の手数料は19USD、

5000USD以上の場合は、無料になります。

ですので、

ある程度の量の外貨送金する場合は

よりお得になります。

 

Webやスマホアプリで24時間送金・両替可能

PayForexの操作は、すべてインターネット上で完結するので、

24時間、世界中のどこからでも、

両替と外貨送金を実施することができます。

 

Payforexのサービスは、

Web上でも実行出来ますが、

専用のiOSアプリを使うこともできます。

場所を選ばず、手軽に外貨両替、

海外送金できるのは心強いですね。

 

取引通貨は20種類以上、送金対象国は200カ国以上に対応している

PayForexは、20種類以上の通貨、

送金対象国は200カ国以上に対応しています。

下記のリンクを参照下さい。

 

参考資料

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

「外貨預金しようかな」と思ったら読む本

「外貨預金しようかな」と思ったら読む本