読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MyEnigma

とあるエンジニアのブログです。#Robotics #Programing #C++ #Python #MATLAB #Vim #Mathematics #Book #Movie #Traveling #Mac #iPhone

困った時の逆引きGitメモ

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33〈バージョン管理、SourceTree、Bitbucket〉

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33〈バージョン管理、SourceTree、Bitbucket〉

目次

はじめに

Gitを使う時に

毎回ググっていることが多いので、

メモとして残しておきます。

 

コミットメッセージにdiffを表示する

$ git commit -v

変更自動検出を組み合わせると、

$ git commit -av

 

前回コミットした時の状態に戻す

$ git reset --hard HEAD

前回のコミットからすべてなかったコトになるので注意が必要です

 

直前のコミットをなかったコトにする

$ git reset --hard HEAD^

上記だとファイルもコミット前に戻りますが、

$ git reset --soft HEAD^

だとコミットだけがなかったことになり、

ローカルのファイルはそのままになります。

 

無理やりリモートリポジトリにローカルを合わせる

なんか変なことしてパニックになった時に使います。

$ git fetch origin

$ git reset --hard origin/master

 

一つ前のコミットを修正

コミットしてみたが、

コミットメッセージを変えたくなったり、

ファイルをaddし忘れた時などは、

下記のコマンドを使います

$ git commit --amend

上記のコマンドを使うと、

一つ前のコミットと今回のコミットを一緒にしてくれます。

 

git pullした時にコンフリクトしたファイルを調べる

$ git ls-files -u [path]

同じように

git statusをした時に、

Unmerged paths:に書かれているファイルも

コンフリクトしているので、

そちらで確認する方法もあります。

 

更新されたファイルの一覧を表示する

$ git ls-files -m

 

参考資料

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

myenigma.hatenablog.com

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33〈バージョン管理、SourceTree、Bitbucket〉

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33〈バージョン管理、SourceTree、Bitbucket〉