読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MyEnigma

とあるエンジニアのブログです。#Robotics #Programing #C++ #Python #MATLAB #Vim #Mathematics #Book #Movie #Traveling #Mac #iPhone

世界の産業と仕組みを変えた発明:『コンテナ物語』マルク・レビンソン

Book

コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった

コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった


コンテナの基本コンセプトは

「輸送単位を共通化し,鉄道,ドラック,船によるシームレスな貨物輸送を実現すること」




コンテナは輸送の飛躍的な革新を引き起こしたが、それは10年もかからずに、頓挫した。



ベトナム戦争を最後まで戦い切れたのは、コンテナによる効率的な、ロジスティックがあったから。

ベトナムの帰りに日本に寄ったため、日本の輸出が増大し、高度経済成長を後押しした。



コンテナの普及により,ボストンやロンドンはかつての港としての力を失った.

一方,これまで全く見向きもされなかった小さな港がコンテナ港として大きな発展を遂げた.

特に,シンガポールはコンテナの要所となることを目指して,

巨大なコンテナ港を作り,世界最大のコンテナゼーションの国になった.



世界一周船は失敗に終わった。



1970年代から、国際輸送の実質的なコストが下がり始めた。

その理由は、荷主がコストに敏感になり、賢くなったからである。



仕事を奪うようなイノベーションを産業に導入するためには,労働者を人間的に扱うことが重要.


トヨタのジャストインタイム方式はコンテナの普及によって実現可能になったといっても過言ではない.