読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MyEnigma

とあるエンジニアのブログです。#Robotics #Programing #C++ #Python #MATLAB #Vim #Mathematics #Book #Movie #Traveling #Mac #iPhone

オックスフォード大学の自律移動車: Wildcat

Robot

興味をもったので,翻訳してみました.

元の記事:Driverless robot car can self navigate

Driverless robot car can self navigate ロボット自動車が無人での走行を可能に

A £2million prototype vehicle with spatial awareness and the ability to navigate and drive itself has been unveiled by engineers at Oxford University.


周辺環境の認知能力をもち,自律的に移動できる,200万ドルの試作車をオックスフォード大学の技術者達が発表した.



The modified Wildcat car, developed in conjunction with BAE Systems, interprets data from cameras, radar and lasers to 'see' its surroundings and negotiate them safely.


この自動車Wildcatを改造した車は,BAE Systemと共同で開発され,カメラセンサやレーダー,レーザーセンサの情報を処理して,車の周辺環境の認識や,安全な走行を可能にする.



The hope is that it could one day eliminate traffic jams and improve traffic safety.

この試作車は,将来,交通渋滞や交通事故を減少させることができる技術を開発することを目的としている.



(BAEシステムズとは、1999年に設立されたイギリスの国防・情報セキュリティ・航空宇宙関連企業である。)


Professor Paul Newman of Oxford University's Department of Engineering Science, who is leading the research, said: "Only by understanding its environment can an autonomous vehicle genuinely drive itself, safely, without the need for human intervention.


このような自動車の自律走行の権威であるオックスフォード大学理工学部ポール・ニューマン教授はこう話す.

”車の周辺環境を認識することができれば,この自律型自動車は,人間の介在なしに,安全に,そして独自に走行することができます."


"Our long term aim is to enable a new generation of robotic vehicles that can make the roads safer, less congested, cleaner, and personal transport more accessible. We do this by making smarter cars."


”私たちの長年の夢は,新しいロボット自動車を生み出すことです.


これらのロボットは,道路をより安全にし,渋滞を減らし,綺麗にし,そして個々の移動をより簡単にします.


私たちはより賢い自動車を開発することにより,これを実現したいのです.”




The Oxford project has been given £1.4million by the Engineering and Physical Sciences Research council and is a collaborative effort between the university, BAE and Nissan.


このオックスフォードのプロジェクトはEPSRC(Engineering and Physical Sciences Research council)からの140万ドルにも及ぶ予算と,オックスフォード大学,BAE,そして日産の協力によって,実施されている.


Prof Newman maintained that the breakthrough represents 'just the beginning' of a technological revolution in driving, and believes the technology could start appearing in production vehicles within 15 years.



ニューマン教授は,これは運転の技術革新のほんの始まりに過ぎず,このような自動車を実現できるような技術をあと15年で開発することができると確信している.