読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MyEnigma

とあるエンジニアのブログです。#Robotics #Programing #C++ #Python #MATLAB #Vim #Mathematics #Book #Movie #Traveling #Mac #iPhone

日本の若者に一番必要な本『道はひらける D・カーネギー』

日本の若者に一番必要な本『道はひらける D・カーネギー』

歯を食いしばって生きなくてはならない

真っ暗闇の時間など、ほんの一瞬にすぎない。

日本の若者の死因の第一位は自殺

日本の若者の死因の第一位は自殺だそうです。


そのような社会で生きていくには、

自殺の要因の一つである「悩み」に対する対策法を学ぶ必要があります。


悩みをすべて無くすことはできないと思いますが、

過去の偉人の知恵を借りることで、

悩みを自殺するぐらいまで肥大化させることを

防ぐこともできると思います。


これまで、悩みの対処法に関する書物は

多数作られてきました。

その中でも世界的に有名で、

名著だと言われているのが、

D・カーネギーの『道は開ける』です。


D・カーネギーは、『人を動かす』という著作が一番有名ですが、

こちらは他人とのやりとりに関する著作である一方、

『道は開ける』は、元のタイトルをそのまま訳すと、

『悩むのを止めて、生きる方法』となり、

悩みに関する対処法をテーマとした作品になっています。


そこで、この作品の個人的なメモを書きたいと思います。

少しでも悩みが有る方は読んでみることをおすすめします。

過去と未来を忘れて、今日という一日を精一杯生きるようにする。

あえて自分を忙しい状態にすることで、

悩む暇を無くすようにする。


悩みの元である、過去の出来事に関しては、

冷静に分析して、その中から教訓を得て、後は忘れる。


悩みが解決しなくても、

解決した時のフリをしてみる。

悩んでいることにより、起こりうる最悪の事態とその確率を想定する。

確率的に起こりえないことに関しては、

悩まないようにする。

(確率を出すだけで安心できる)


最悪の事態を想定して、

それを受け入れるような気持ちを作る。

自分の欠点を悩むのではなく、利点を上手く活かすようにする。

良いことから、良いことを生むのは簡単なので、

悪いことから、良いことを生み出すようにする。

悩みに対する対策を練っておく

悩みに対する戦略を知らないものは若死にする。

悩みの対策方法

1. 悩んでいる事柄を詳しく書き記す

2. それについて自分にできることを書き記す

3. どうするかを決断する。

4. その決断を直ちに実行する。


最も良い方法は、

信頼する人に悩みを打ち明けること

他人との触れ合い

毎日、他人に優しくするようにする。


不当な非難は、しばしば偽装された賛辞であることが多い


人の上に立つ限り、非難を免れることは不可能である。


敵の意見は、自分自身の意見よりも真実に近いので参考にする。

具体的な悩みへの対策方法

仕事の合間に、休憩や昼寝を予定として入れて実施する。


不眠症への対策

1. 眠くなるまで起きて、仕事をするか読書をしよう

2. 睡眠不足で死んだ人はいないことを思い出す。

3. 運動をして、起きていられないほど疲れるようにしよう。