読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MyEnigma

とあるエンジニアのブログです。#Robotics #Programing #C++ #Python #MATLAB #Vim #Mathematics #Book #Movie #Traveling #Mac #iPhone

プログラマのための正規表現入門

詳説 正規表現 第3版

詳説 正規表現 第3版

  • 作者: Jeffrey E.F. Friedl,株式会社ロングテール,長尾高弘
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2008/04/26
  • メディア: 大型本
  • 購入: 24人 クリック: 754回
  • この商品を含むブログ (85件) を見る

目次

正規表現とは?

正規表現は文字列の集合を表す表現方法で、

文字列におけるパターンマッチングによく使用される方法です。

いわゆる、あいまい検索を実施したい時によく使用します。

 

プログラマの人にとっては、

ある関数がその他のソースコードの

どこで使用されているかを調べる時に

grepを使う人も多いと思いますが、

このgrepで検索する時に正規表現を使うことができます。

 

それ以外にも、

テキストデータをプログラミング言語を使って

検索して制御するような

  

しかし、この正規表現はかなり取っ付きづらい表現方法なので、

わかりやすいようにまとめておきたいと思います。

正規表現の表現方法

正規表現の例について説明します。

ひとつ注意点として、

一般的な正規表現は殆どのツールやライブラリでも

共通で使用できると思いますが、

それぞれのツールにおいて、

独特な記法が追加されていることもありますので

注意が必要です。

 

下記の説明の(python)は

pythonの正規表現ライブラリreの特有の表現です。

詳しくはこちら

行頭

^

行頭がDataという行は、下記のように表現されます。

^Data

行末

$

行末がEndという行は、下記のように表現されます。

End$

任意の一文字

. (ピリオド)

指定の一文字

abcのどれかに一致する場合は、下記です。

[abc]

ひとつ前の文字か正規表現が0個以上繰り返される

*

0個以上繰り返すので、繰り返さなくても良いことを考えると、

なんでも有りな文字列になりますので注意してください。

下記のようにすると、aが含まれなくても抽出されてしまいます。

a*

ひとつ前の文字か正規表現が1個以上繰り返される

例えば、a または aa または、aaaなど、

aが一つ以上繰り返す文字列は下記で表現されます。

a+

ひとつ前の文字か正規表現が0個または1個繰り返される

?

繰り返しの回数が制限されていることに注意して下さい

任意の数字

[0-9] or \d (python)

任意の非数字

[^0-9] or \D (python)

任意の空白文字

[\t\n\r\f\v] or \s (python)

任意の非空白文字

[^\t\n\r\f\v] or \S (python)

任意の英数文字および下線

[a-zA-Z0-9_] or \w (python)

任意の非英数文字と非下線

[^a-zA-Z0-9_] or \W (python)

エスケープシーケンス

特殊文字は下記のようなエスケープシーケンスとの

組み合わせで表現できます。

特殊文字 説明
\t タブ
\n 改行
\z End of file
\r キャリッジリターン

グルーピング

一つの文字ではなく、文字列の繰り返しを表現したい場合は、

丸括弧 ()を使います。

例えば、"わい"という言葉が繰り返される場合は、

(わい)+

という正規表現で表現できます。

よく使う正規表現の組み合わせ

一般的に、上記の正規表現を複数組み合わせて

文字列を表現することが多いですが、

よく使用する正規表現の組み合わせをまとめておきます。

空行を表す

^$

ある単語のみを含んだ行を表す

lineという単語のみを含んだ行の場合、

^line$

任意の長さの文字列

.*

これは非常によく使用します。

たとえば、あるCコードのforループの先頭行を取得したい場合は、

下記の正規表現を使うことができます。

for(.*){

 

Pythonの正規表現ライブラリreの使い方

Pyhtonには便利な正規表現ライブラリreが、

デフォルトでインストールされています。

本章ではreの使い方の概要を説明します。

正規表現の事前コンパイル

大抵のreライブラリの関数は、

正規表現と検索対象の文字列を入れれば、処理をしてくれますが、

同じような正規表現を何度も使う場合は、

事前に正規表現をコンパイルしておくようにすると、

計算速度が向上します。

 

例えば、

ある文字列strに"abc"が含まれているか

どうかをチェックしたい場合は、

match(".*abc.*", str)

とすればboolで結果が返ってきますが、

この正規表現を頻繁に使う場合は、

下記のように事前コンパイルしておくと

速度が早くなります。

p = re.compile(r'.*abc.*')

p.match(str)

正規表現による文字列検索

matchとsearchという関数を使います。

事前コンパイルをしている場合は、下記のような関数引数を与えます。

match(string [,pos = 0] [,endpos])

search(string [,pos = 0] [,endpos])

posとendposは検索を開始する文字列の位置です。

省略すると文字列全体検索になります。

 

matchとsearchの違いですが、

search() は文字列の中から正規表現と一致する部分文字列を検索しますが、

match() は文字列の先頭から正規表現とマッチングするか調べるだけです。

ですので、正規表現を正確に表現しないとmatchではマッチングしません。

正規表現による文字列置換

subという関数を使います。

sub(hoge, huga, str [,count])

sub(huga, str [,count]) #事前コンパイル済みの場合

上記ように指定すると、str文字列の中のhogeをhugaに変換することができます。

countは文字列置換を実施する回数で、デフォルトは0で回数制限無しです。

置換の回数を制限したい場合は、このcountを指定しましょう。

 

文字列置換例

p = re.compile('abc')

p.sub('aaa', 'abc def abc ghi') # 置換結果 'aaa def aaa ghi'

p.sub('123', 'abc def abc ghi', 1) # 置換結果'aaa def abc ghi'

より詳細な使い方

こちらを参照下さい

参考資料

正規表現技術入門 ――最新エンジン実装と理論的背景 (WEB+DB PRESS plus)

正規表現技術入門 ――最新エンジン実装と理論的背景 (WEB+DB PRESS plus)

詳説 正規表現 第3版

詳説 正規表現 第3版

  • 作者: Jeffrey E.F. Friedl,株式会社ロングテール,長尾高弘
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2008/04/26
  • メディア: 大型本
  • 購入: 24人 クリック: 754回
  • この商品を含むブログ (85件) を見る