読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MyEnigma

とあるエンジニアのブログです。#Robotics #Programing #C++ #Python #MATLAB #Vim #Mathematics #Book #Movie #Traveling #Mac #iPhone

海外でRunkeeperを気兼ねなく使う方法

Trip Mac&iphone

海外でRunkeeperを気兼ねなく使う方法

海外に行くと,

周りの風景を楽しむのと,

食べ過ぎを解消するためにランニングをしたくなります(笑)



しかし,海外では

日本のパケットし放題が適応されないので

無闇矢鱈にモバイル通信を使用するのが躊躇われます.



自分の場合,海外にいる時には

基本的にモバイル通信はせずに,Wifi通信のみを使用するようにしているため,

iPhoneは機内モードのままにしています.



しかし,iPhoneの場合,

位置測量にGPSのデータとモバイル通信の両方を使用しているため,

機内モードだと上手く位置を検出してくれない時があります.

特に自分が日々ランニングの時に使用しているRunkeeperというアプリは,

機内モードでは上手く位置を検出してくれませんでした.

(出来る時もあるのが不思議ですが...)



今回,

この問題の解決方法を発見したので紹介します.



まず初めに

設定->一般->モバイルデータ通信

に移動し,

"モバイルデータ通信"をオフにします.

これにより,

パケット通信を使用した通信をしなくなります.



そして,機内モードをオフにします.

すると,おそらく現地のどこかの通信会社に自動的に繋がります.

(アメリカではAT&Tとか.)



事前にモバイルデータ通信はオフにしているので,

高額なパケ代が発生することはありません.



このように,モバイルデータ通信をオフにしていても,

電波が圏外で無ければ,

iPhoneは位置計測をすることができます.



これはiPhoneは通信はしなくても,

電波状況の確認の際の基地局からの通信情報を使用して

位置計測をしているかららしいです.



この状態でRunkeeperを起動し,

ランニングを行えば,

ちゃんと走行軌跡をトラッキングしてくれます.



あとはランニングの後,

ホテルに戻って,wifiに接続して

データを送信すればOKです.



実際に上記の方法でアメリカのツーソンに出張中に

ランニングした結果がこちらです.

きちんと走行軌跡を認識しているのがわかります.




これで海外でも気兼ねなくiPhoneを使用してランニングを楽しめますね.




海外でランニングを楽しむために持って行っているもの

・ジョギングシューズ

やっぱりちゃんとした靴で走りたいので,普段用と別に持ってきてます.

ミズノは横幅が広いので走りやすいです.

[ミズノ] MIZUNO MAXIMIZER 14  8KA230 84 (ホワイト×レッド/28)
[ミズノ] MIZUNO MAXIMIZER 14 8KA230 84 (ホワイト×レッド/28)



・iPhone 4S

もちろんRunkeeper用と,

たまたま綺麗な景色に出会った時用のカメラ,

そして緊急連絡用など,様々な用途を兼ねています.

iPhone4S ホワイト (白) SIMフリー 16GB 海外正規品 SIM UNLOCKED free
iPhone4S ホワイト (白) SIMフリー 16GB 海外正規品 SIM UNLOCKED free



・カナル型イヤホン

走っている時に落ちないカナル型がオススメです.

下記のイヤホンは安くて音が良いことで有名です.

【アウトレット】 PHILIPS イヤフォン SHE9700-A
【アウトレット】 PHILIPS イヤフォン SHE9700-A



・アームバンド:

これにiPhoneとホテルのカードキーと小銭を入れて走っています.

iPhoneを入れる場所以外に,もう一つポケットがあるので便利です.

SANWA SUPPLY アームバンドスポーツケース(LL) ブラック PDA-MP3C10BK
SANWA SUPPLY アームバンドスポーツケース(LL) ブラック PDA-MP3C10BK