読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MyEnigma

とあるエンジニアのブログです。#Robotics #Programing #C++ #Python #MATLAB #Vim #Mathematics #Book #Movie #Traveling #Mac #iPhone

ウルフラム・バーガード氏(Dr. Wolfram Burgard)の授業メモ:2

Robot

この記事は,ドイツのフライブルクにある

アルベルト・ルートヴィヒ大学フライブルク大学

(Albert-Ludwigs-Universität Freiburg)

の著名なロボット工学の研究者

ウルフラム・バーガード氏(Dr. Wolfram Burgard)が

大学で行っている自律移動ロボットの授業

「Mobile Robotics 2」(リンク)の授業スライドを,

自分のメモのために日本語訳したものです.

(バーガード氏は,

移動ロボットの自律移動技術で有名な

確率ロボティクス(Probabilistic Robotics)」の

著者として有名です.)


関連記事
1. Introduction



2. LaTeX Tutorial

授業スライド




WordとLaTexを関係を表した秀逸なグラフ

Office Wordは、短くてシンプルなドキュメントを作る上では良い.

Wordの問題点

  • 書式の設定が大変
  • 適した数式システムがない
  • 引用システムがない
  • 多くの画像を用いた場合に問題がある...
  • Wordは見た目が見苦しい


Latex

  • デザインを気にせずにテキストを書くことだけに集中できる。
  • より、プログラミング言語に近い。
  • 論文や、学位論文、レポートなどに使える。


Latexは勉強して、使いこなすのに時間がかかるため、できるだけ早く勉強しなくてはならない。
この授業ではLatexを使用しなくてはならない。


Latexの利点

  • 論文のデザインを気にすることなく、文章を書くことだけに集中することができる。
  • 論文のデザインはデザインテンプレートが行ってくれる。
  • テキストだけのデータであるため、共同作業や同期作業に有効である(svn,cvs,diff....などのバージョン管理が容易)。
  • 自動的に、一貫性のある相互参照や、参考文献、ラベルなどを統一してくれる。
  • 数式がかっこいい
  • すべてのコンピュータで同じに見える結果を出力してくれる。
  • ほぼすべてのコンピュータで利用できる。
  • タダ
  • 科学文書ではデファクトスタンダードである


必要なもの

  • tex or Latexのプログラム
  • LinuxではteTex
  • WindowsではMikTex
  • OS Xでは、Tex(finkから)or MacTex


テキストエディタ (Emacs, VIm, WinEdit, TextEdit,...)
Ghostsceipt,ghostview,pdf viewer/dvi viewer
プロット・グラフィックスツール (Gnuplot, Xfig/Inkscape)


Macで気をつけるべきこととして、WindowとLinuxと異なり、
OSXではpdfLatexがデフォルトであるため、dviファイルを作らない。
(dviファイルやpsファイルを介さずに、直接pdfを作成する)


Latexは大きく分けて、4つの部分から成り立つ

  • 1.プリアンプル: ドキュメントクラス、パッケージインクルード、フォント、定義、タイトル、著者、日にち
  • 2.ボディ:テキスト、章・節 アブストラクト
  • 3.参考文献
  • 4.付録リスト: 目次や図のリスト


BibTexによる参考文献

  • 他の論文に対する参考文献は、科学文書に必須である。
  • BibTexは勝手に参考文献リストを作ってくれる。
  • 参考文献の書き方が違う論文でも、デザインファイル通りに出力してくれる。


BibTexに必要なもの、

  • Latex, bibtex(基本的にはLatexに全部ついてくる)
  • Latexファイル *.tex
  • bibliographyファイル *.bib

どの参考文献出力フォーマットを使うかを、事前に言わなくてはならない。


参考文献を書く上での注意事項

  • 同じ学会の名前は、すべての参考文献において、同じように書かなくてはならない。
  • ファーストネームだけは、短縮していい。 例) Atsushi Sakai → A. Sakai、×Atsushi Sakai
  • 参考文献のリファレンスの表示は、文章の一部にしてはいけない。

例) 佐藤らが提案した手法[2]
× [2]の方法で、、


ラベルとリファレンス

  • すべての章・節・図・表にはラベルを付けよう。
  • Latexでは、それらのラベルを使って、参照やページ参照を勝手にやってくれる。


Latexでは箇条書きもラクラク


Latexでは数式書きもラクラク

  • align環境っていう、数式エディタ環境もあるらしい。
  • align 環境は eqnarray 環境の欠点を改善した環境らしい。

Latexでは図の挿入もラクラク

  • 29ページの図が秀逸
  • Latexではepsファイルとpsファイルを読む事ができる。
  • PdfLatexではpdfファイルとpng, jpgを読むことができる。